日経新春杯の穴馬探し

「日経新春杯」の
穴馬探しをお届けします。

日経新春杯は
1月16日(日)に
中京芝2200mで行われる
伝統のG2重賞。

今年も、昨年に続いて
中京で行なわれます。

早速、日経新春杯で
大切な「ポイント」を
お伝えしましょう。

【ポイント1】中京施行だった昨年の穴ワンツー2頭には「共通項」アリ

→中京で行なわれた
昨年は7番人気→
13番人気のワンツー。
馬連配当580倍の
大穴決着となりました。

ただこの上位2頭には、
今思うと「共通項」が
あったのも事実。

下記を診てください。

ショウリュウイクゾ 1着  7番人気
ミスマンマミーア  2着  13番人気
レイホ-ロマンス  6着  9番人気
アドマイヤビルゴ  10着  1番人気
バリレオ      14着  10番人気

これは、昨年の
出走馬16頭のうち
「日経新春杯の前までに
中京芝2200mで
連対実績があった馬」の
顔ぶれです。

このように16頭のうち
「当該条件の連対実績」を
すでに持っていた馬は
たったの5頭。

そのうちの人気薄2頭が
ワンツーしたのです。

偶然の一言で片付ければ
ハナシは早いですが、
中京芝2200mは何かと
特殊性の高い舞台ですし、
何よりも対象馬5頭のうち
人気薄の2頭が激走した
ことが見過ごせません。

極めて単純なコトですが、
特殊性の高い当舞台での
好走実績が既にある馬は
注目しておいたほうが
ベター、と昨年の結果が
教えてくれている気が
するのです。

 

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】父ディープ系が不振の中京芝2200m戦

→今年も舞台は
中京芝2200mですが、
キズナ産駒がまったく
走れていないのも特徴。
連対ナシの(0.0.4.22)、
複勝率わずか15%。

また、キズナの父の
ディープの産駒も
(7.6.2.43)同26%。
ディープにしては低調。

さらにブラックタイドの
産駒も(0.1.0.11)ゆえ、
いわゆる「ディープ系」が
全体的に苦戦していると
括っていいのでしょう。

(アベレージはいずれも
2020年~先週まで)

キレ・瞬発力・軽さに
優れたタイプの馬が多い
「父ディープ系」ですが
近年の中京芝2200mは
それらとは逆ベクトルの
素養が求められている…と
いうコトかもしれません。

 

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】ベテラン馬が大不振

→当ポイントは施行場と
関連の薄いデータゆえ
近10年の当レース結果から
お伝えしていきます。

近10年の馬齢別の
成績を診てください。

4歳  複勝率33% 7.3.0.20
5歳  複勝率31% 2.4.5.25
6歳  複勝率24% 1.3.5.29
7歳超 複勝率 0% 0.0.0.42

4歳馬が近10年で
断トツの7勝をマーク。
若い馬ほど成績が良好で、
7歳超は好走ゼロです。

冬場の端境期の重賞=
ベテラン馬が頑張れる
レースもあるのですが、
このレースに限っては
そのような傾向は全く
現れていません。。

 

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。