ラジオNIKKEI賞の穴馬探し

「ラジオNIKKEI賞」の
穴馬探しをお届けします。

次週末からは、
福島・小倉開催が
スタート。いよいよ
夏のローカル競馬も
本番の趣です。

ラジオNIKKEI賞は
7月3日(日)に
福島芝1800mで行われる
3歳のG3重賞。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】とにかく逃げた馬がよく残るレース

→タイトルどおり。
当レース最大の特徴は
コレでしょう。

近10年の、逃げた馬の
成績は下記のとおり。

12年 メイショウカドマツ 4着
13年 ナンシーシャイン  9着
14年 トシザキミ     16着
15年 マルターズアポジ- 3着
16年 ジョルジュサンク  6着
17年 ウインガナドル   2着
18年 キボウノダイチ   3着
19年 ダディーズマインド 4着
20年 バビット      1着
21年 ノースブリッジ   3着

通算(1.1.3.5)で
複勝率50%。しかも
4着も2頭いますから
逃げた馬の何と7割が
4着以内に粘っている
コトになります。

タフな質の流れになる
コトも多いレースですが、
それでも小回りトラックや
好状態の馬場を味方にして
粘り込んでしまう馬が多い、
ということなのです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】芝1800m経験がない馬では厳しい

→当レース近10年の
連対馬20頭のうち
17頭が、それまでに
1度は芝1800m戦へ
出走した経験がある
馬でした。

ですから、当レースで
連に絡むためには
当距離への出走経験が
無い馬では厳しい、と
いうコトになります。

独特のリズムがある
非根幹距離・小回りの
1800mで行われる重賞。

しかも実戦経験の浅い
3歳馬のレースですから
他のレースにもまして
当距離での経験が大切と
いうコトなのでしょう。

昨年も、それまでに
芝1800m戦の経験が
皆無だった3頭が全て
着外に敗れています。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】牝馬も苦しい

→タフなレースですので
どうしても牝馬は苦しく
なります。

近10年の当レースの
牡牝別の成績は下記の
とおり。牝馬はほぼ、
好走できていません。

牡馬 複勝率23% 10.9.10.99
牝馬 複勝率 5% 0.1.0.20

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。