マーメイドSの穴馬探し

「マーメイドS」の
穴馬探しをお届けします。

マーメイドSは
6月19日(日)に
阪神芝2000mで
牝馬のG3重賞です。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】とにかく荒れる

→牝馬同士のレース。
しかもハンデ戦。

しかも、これが
重要なコトですが
ヴィクトリアマイルの
すぐ後に行われるため
とにかく出走メンバーの
レベルが低調。

つまりマーメイドS=
「荒れる要素」満載の
レースなのです。

ですから、荒れます。
昨年もきっちり荒れて
10→5→6番人気の
穴馬ワンツースリー。

近10年の人気別の
成績を診てください。

1・2番人気 複勝率35% 2.3.2.13
3・4番人気 複勝率15% 1.0.2.17
5・6番人気 複勝率30% 1.1.4.14
7~10番人気 複勝率33% 6.5.2.27
11番人気以下 複勝率 2% 0.1.0.46

近10年の3着以内の
好走馬30頭中、なんと
13頭が7~10番人気!

こんな重賞は、他には
なかなかありません。
とにかく荒れる重賞です。

とはいえ、上記のように
11番人気以下の馬は
全く好走していません。

10番人気以内の馬で
目一杯荒れているレース。
それがマーメイドS。

今年も、穴を積極的に
狙いたいと思っています。

【ポイント2】軽ハンデ馬の「激走」に要注意

→最近は「ハンデが
効かないハンデ戦」が
かなり増えていますが
マーメイドSは違います。

軽ハンデ馬が、本当に
よく走るのが特徴の
レースです。

当レースは2006年から
ハンデ戦になりましたが
それ以降、51キロ以下の
軽ハンデ馬が、14頭も
馬券圏に好走しています。

近2年続けて50キロの
馬が勝っていますし
昨年は50・51キロの
軽量馬ワンツーでした。

ドングリの背比べ的な
低調メンバー戦ゆえ、
下級条件で好走してきた
ばかりの軽ハンデ馬、
あるいは前走のオーブンで
凡走した軽ハンデ馬が、
その軽ハンデを活かして
好走するケースが多いと
いうことなのでしょう。

【ポイント3】下克上レース

→近10年の出走馬の
前走「グレード」別の
成績を診てください。

GI     複勝率17% 0.0.2.10
G2     複勝率50% 0.0.2.2
G3     複勝率13% 0.2.2.26
オープン   複勝率26% 2.2.1.14
3勝クラス  複勝率20% 7.3.2.48
2勝クラス  複勝率24% 1.3.1.16

このように、前走で
条件クラスを使ってきた
馬のアベレージが良好。
近10年でなんと8勝!

馬券圏好走30頭のうち
じつに半数以上の17頭が
前走で条件クラスを
使ってきた馬なのです!

こんな重賞、他では
まずお目にかかれません。

近況の格下級のレースで
好走してきた「勢い」を
もって臨んでくる馬でも
狙えるレースと言えます。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。