根岸Sの穴馬探し

「根岸S」の
穴馬探しをお届けします。

東日本の主場開催は
次週末から東京に
移ります。

根岸Sは
1月30日(日)に
行われる
ダート1400mの
G3重賞。

2月20日のダートG1、
フェブラリーSへの
ステップレースです。

早速、根岸Sで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】「距離短縮組」を狙うべきレース!

→根岸Sは、前走から
距離短縮してきた馬の
成績が非常に良好です。

近10年の出走全馬の
前走距離別・全成績を
診てください。

前走1200m  複勝率 8% 2.2.1.44
前走1400m  複勝率15% 2.5.3.58
前走1500m超 複勝率38% 6.3.6.24

キレイに「前走距離が
長かった馬」ほど
好成績です。

昨年は1番人気→
10番人気→2番人気の
ワンツースリーでしたが、
2着馬・3着馬が
「前走から距離短縮」の
馬でした。

根岸Sはテンから
かなり速く流れる
「タフな質」の
レースですので、
前走で長めの距離を
走っていたような、
一定のスタミナ量を
備える馬のほうに利が
働いている、という
ことかもしれません。

いずれにせよ
これほど明確な成績差が
出ていますので、
何らかの明確な「要因」が
あって当傾向が現れている、
ということ。今年も
しっかり意識します。

【ポイント2】近走で「差して好走していた馬」を狙うべきレース!

→近5年の当レースで
馬券圏に好走した
全15頭のうち
ちょうど3分の2に
あたる10頭が
4角地点「8番手」より
後ろの位置取りから
差してきた馬でした。

しかも、その「差して
好走した10頭」は
全て、前走or前々走の
どちらかでも、下記の
ように4角8番手より
後ろの位置から差して
掲示板に好走していた
馬だったのです。

◆近5年の根岸Sで
「差して好走した10頭」の、
前走or前々走での差し好走実績

17年 1着 カフジテイク    前々走/4角16番手3着
17年 3着 エイシンバッケン   前走/4角15番手2着
18年 1着 ノンコノユメ    前々走/4角10番手4着
18年 2着 サンライズノヴァ   前走/3角11番手マクリ2着
18年 3着 カフジテイク    前々走/4角16番手5着
19年 3着 クインズサターン   前走/4角11番手3着
20年 1着 モズアスコット   前々走/4角09番手3着
20年 3着 スマートアヴァロン  前走/4角11番手2着
21年 1着 レッドルゼル     前走/4角10番手1着
21年 2着 ワンダーリーデル   前走/4角11番手4着

つまり、根岸Sは
近2走で「4角8番手より
後ろの位置から差して
好走した履歴」の有無の
チェックが、効果的な
レースなのです。

「ダート1200mが
ベスト」の馬も集う
東京ダート1400mで
行われる唯一の
重賞レースですから、
テンからどうしても
速く流れます。つまり
差し追込組の末脚が
届きやすい流れになる
年が多いため、当傾向が
現れているのでしょう。

ですので、当レースで
「逃げた馬」は当然不振。
近10年(0.0.0.10)です。

【ポイント3】東京ダート1400mの「お買得種牡馬トリオ」に注目!

→東京ダート1400mの
近2年の種牡馬成績で
複勝回収率が125%を
超えていて、しかも
今回の根岸Sに産駒が
出走予定なのが
キンシャサノキセキ・
サウスヴィグラス・
ロードカナロアです。

キンシャサノキセキ産駒は
全部で90頭出走して
(7.5.5.73)。
勝率8%、複勝率19%の
アベレージは平凡ですが
複勝回収率が140%。

馬券圏に好走した
17頭のうち9頭が
「4番人気以下」で
馬券圏に好走している、
東京ダート1400mに
おける穴種牡馬です。

サウスヴィグラス産駒は
全部で74頭出走して
(4.10.8.52)。
こちらは複勝率が
30%あるうえに、
複勝回収率も135%。

「穴馬」も走るうえに
安定感もある、という
意味ではこちらのほうが
より要注目かもしれません。

ロードカナロア産駒は
全部で69頭出走して
(8.3.6.52)。
勝率12%、複勝率25%の
アベレージは普通ですが
単勝回収率が182%。
複勝回収率も125%。

馬券圏に好走した
17頭のうち、11頭が
「4番人気以下」で
3着以内に好走しています。、

キンシャサノキセキ、
サウスヴィグラス、
ロードカナロアの仔で
一発「穴」を狙え。

東京ダート1400mで
行われる当レースで
「穴狙い」する際に
意識していいポイントかも
しれません。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。