皐月賞の穴馬探し

「皐月賞」の
穴馬探しをお届けします。

皐月賞は
4月17日(日)に
中山芝2000mで
行われる、3歳馬の
クラシック1冠目です。

出否未定だった
ダノンベルーがが
出走を表明。
これで、役者が
すべて揃いました。
たいへん興味深い
一戦となっています。

さっそく当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】キングマンボがよく「穴」を出すレース

→タイトルどおり。
近年の皐月賞の
最重要血統トレンドは
コレでしょう。

近5年の好走馬15頭の
うち、下記5頭が
「父 または 母父が
キングマンボ系」。

しかも、このように
人気薄の馬ばかり
激走しているのです。

17年3着 ダンビュライト   ◆  12番人気
18年2着 サンリヴァル    ◆  9番人気
19年1着 サートゥルナ-リア ◆  1番人気
20年3着 ガロアクリーク   ◇  8番人気
21年2着 タイトルホルダー  ◆  8番人気

◆=父キングマンボ系、
◇=母父キングマンボ系。

5頭のうち4頭が
「8番人気以下」。
強烈な穴っぷりです。

タフな舞台で行われる
ガチンコクラシック戦。
しかも、道中の流れが
シビア&速い時計が出る
コトも多いレースゆえ
総合力の高さ・時計への
対応力に相当優れている
キングマンボの素養が
活きるという事でしょう。

昨年も「該当馬」の
タイトルホルダーが
好配提供。

完全に皐月賞における
穴メーカーと化している
感じですので、穴狙いの
方は特に要注目です。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】「ハーツクライ産駒」は大苦戦

→近10年(0.1.0.13)。
皐月賞の「特性」と
産駒の「適性」が全く
合っていないのでしょう。
今年は、上位人気馬が
これに該当します。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】コース追いの馬が優勢

→近6年の皐月賞の
最終調教「コース別」の
成績を診てください。

坂路  複勝率11% 1.1.2.32
コース 複勝率21% 5.5.4.54

昨年もウッドコースで
追った馬のワンツー決着。
明らかにコース追い馬の
優位傾向が現れています。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。