桜花賞の穴馬探し

「桜花賞」の
穴馬探しをお届けします。

いよいよ、2022年の
クラシックレースが
始まります。

桜花賞は
4月10日(日)に
行われる、3歳牝馬の
クラシック第1弾。

さっそく桜花賞の
ポイントをお伝えしましょう!

【ポイント1】桜花賞における「穴」パターンは3つしかない

→タイトルどおり。
桜花賞で発生する
「穴」のパターンは
限られています。

近10年の桜花賞で、
「5番人気以下」で
3着以内に快走した
穴馬11頭の顔ぶれを
診てください。

13年1着アユサン      7人気 ◎
13年3着プリンセスジャック 14人気 ◎
14年3着ヌーヴォレコルト  5人気 ◎
15年1着レッツゴードンキ  5人気 ◎
15年2着クルミナル     7人気 ◎
15年3着コンテッサトゥーレ 8人気 ◎
16年3着アットザシーサイド 6人気   ▽
17年1着レーヌミノル    8人気   ▽
19年2着シゲルピンクダイヤ 7人気 ◎
20年3着スマイルカナ    9人気 ◎●
21年3着ファインルージュ  8人気  ●

◎=前走の
チューリップ賞で
2着以下に負けた馬。

●=フェアリーSに
出走して、勝った馬。
(前走とは限らず)

▽=前走の
フィリーズレビューで
「差して」連対した馬。

上記11頭の全てに、
◎●▽いずれかの印が
付きました。

つまり、桜花賞で
「穴」をあけた馬の
パターン=この3つに
集約されるのです。

この印が付く馬こそ
桜花賞の「穴」候補と
なります。

チューリップ賞=
桜花賞と全く同舞台で
行われるトライアル。

ですから
普通に考えれば
チューリップ賞で
負けた馬の「挽回」の
チャンスは少なそうな
モノですが、それが
平気で蘇ってくるのが
じつは桜花賞の特徴。

チューリップ賞の
段階では仕上げが
進んでおらず敗退→
桜花賞で仕上げが進み
激走するパターンは
要警戒なのです。

また、近年は
フェアリーS優勝馬が
台頭しているのも特徴。
フェアリーSのレベルが
年々上がっている事と
無関係でないでしょう。

さらに前走で
フィリーズレビューを
使ってきた馬については、
パワーで押し切ってきた
先行タイプではダメ。
差して連を確保した馬で
ないと穴の資格は無い、
というコトになります。
後述のとおり、前走で
この距離を使ってきた
馬は基本苦しいのですが
可能性があるとすれば
差して好走してきた馬、
というコト。

いずれにせよ、
上記3パターン該当馬の
激走に要注意です。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】前走「マイル以外」に出走した馬は減点

→近10年の桜花賞の
前走距離別の成績を
診てください。

1400m   複勝率 5% 1.0.2.55
1600m   複勝率25% 9.10.8.81
1800m以上 複勝率 0% 0.0.0.12

説明不要でしょう。
このように、前走で
「マイル以外」を
使ってきた馬が不振。

前走1400m組=大半が
フィリ-ズレビューを
使ってきた馬ですが
フィリ-ズレビュー=
テンから流れが忙しく
脚を溜めるヒマがない、
タフなダート短距離的な
流れです。

逆に桜花賞はいかにも
芝のクラシックらしく
終いの伸びを競い合う
王道的G1。ですから
前述のような「忙しい
フィリ-ズレビュー」を
好走してきた馬、特に
前々で進めてきた馬では
能力以前に適性が合わず、
好走するコトが難しいと
いうコトになります。

とはいえ、前走で
1800m以上の距離を
使ってきた馬の成績も
まったく振るいません。

3歳春の1800m超の
レース=ペースが極端に
緩みすぎるコトが多く、
ガチンコG1の今回へ
向けて「いい予行演習に
なっていない」側面が
強いというワケです。

ともあれ、前走で
マイル以外を使ってきた
馬については、一律で
1ポイント減点くらいの
評価で丁度いいハズです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。