東京新聞杯の穴馬探し

『東京新聞杯の穴馬探し』

 

「東京新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

東京新聞杯は
2月6日(日)に
東京で行われる
G3のマイル重賞です。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】1800m以上での好走実積が無いと苦しい

→これが東京新聞杯の
隠れた「キモ」です。

近10年の当レースで
馬券に絡んだ30頭のうち
25頭が、下記のように
東京新聞杯の前走までに
「芝1800m以上」で
馬券圏に好走したことが
ある馬でした。

12年1着馬
12年2着馬
12年3着馬 ○
13年1着馬
13年2着馬 ●
13年3着馬 ●
14年1着馬 ●
14年2着馬 ●
14年3着馬 ●
15年1着馬 ※
15年2着馬
15年3着馬 ●
16年1着馬 ●
16年2着馬 ●
16年3着馬 ※
17年1着馬 ○
17年2着馬 ●
17年3着馬 ●
18年1着馬 ●
18年2着馬 ○
18年3着馬 ○
19年1着馬 ●
19年2着馬 ※
19年3着馬 ○
20年1着馬
20年2着馬 ●
20年3着馬 ※
21年1着馬 ※
21年2着馬 ※
21年3着馬 ●

芝1800m以上の…
●=重賞で馬券圏好走実績アリ
○=オープンで馬券圏好走実績アリ
※=条件戦などで馬券圏好走実績アリ

近年は特に当傾向が
強まっています。
近5年好走馬15頭のうち
14頭に、何らかの印が
つきました。

つまり東京新聞杯=
近年は特に
「1800m以上での
好走実績」が無いと
苦しいレースなのです。

東京の芝1600m戦=
マイルの距離ぶん以上の
スタミナが必要な舞台と
よく言われますが
このレースも例外では
ない、ということ。

いや、他レース以上に
傾向が顕著に出ていると
言っていいでしょう。

冬場特有のタフな馬場。
しかもここ数年は
メンバーも揃ってきて
いますから、中距離で
強じんな実績を持って
いるような馬でないと
厳しい、という事では
ないでしょうか。

マイル実積よりも、
1800m以上での
実績を要チェック!

当レースの、
隠れたポイントです。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

【ポイント2】牝馬の台頭が多いレース

→近10年の「性別」の
成績を診てください。
牝馬が健闘しています。

牝   複勝率44% 4.2.1.9
牡セン 複勝率17% 6.8.9.110

今の時期は牝馬重賞も
豊富に組まれている
シーズン。

にもかかわらず
あえて牡馬混合の
東京新聞杯に牝馬が
出走してくるという事は、
陣営がそれだけ
牡馬相手でも通用する
感触を持っている馬と
いえますし、コース適性の
高い馬を出してきている、
とも言えるでしょう。

もちろん「勝負気配」も
高いでしょうから、
牝馬の好走が増えるコトは
必然なのかもしれません。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

【ポイント3】G1経由馬か?上がり馬か?

→近10年の当レースの
前走「レース格」別の
成績を診てください。

G1    複勝率30% 4.1.2.16
G2    複勝率21% 1.0.3.15
G3    複勝率18% 1.4.4.41
オープン  複勝率13% 1.4.1.40
3勝クラス 複勝率44% 3.1.0.5

このように、レースの
格が高いほど複勝率が
キレイに上がっています。
東京新聞杯は、意外に
格が効くレースなのです。

ただ、唯一の例外は
前走で「3勝クラス」を
使ってきた馬の好成績。
3勝クラスを勝ってきた
勢いを持ってきた馬は
一応要マークと言えます。

手堅く前走G1経由馬を
取るか?それとも
思い切って上がり馬に
期待するか?

当レースのポイントの
一つでしょう。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。