弥生賞・ ディープインパクト記念の穴馬探し

「弥生賞・
ディープインパクト記念」の
穴馬探しをお届けします。

「弥生賞・
ディープインパクト記念」は
3月6日(日)に
中山芝2000mで行われる
皐月賞トライアル。

3着までに入った馬に
皐月賞の優先出走権が
与えられます。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

なお、当レースは
一昨年から「弥生賞・
ディープインパクト記念」と
レースタイトルが
改題されています。

【ポイント1】新馬戦・未勝利戦・1勝クラス経由馬が通じない

→タイトルどおり。
最近はクラシックに
直行する素質馬が増え、
トライアル戦の価値が
地盤沈下気味ですが、
それでも流石は弥生賞。
新馬戦・未勝利戦・
1勝クラスを勝ってた
ばかりの馬が、あまり
通用していません。

近10年の前走別成績を
診てください。

新馬未勝利戦  複勝率 6% 0.1.0.16
1勝クラス   複勝率12% 2.2.0.29
——————————-
オープン特別  複勝率30% 2.1.0.7
重賞(G1以外)複勝率29% 4.3.3.25
重賞(G1)  複勝率71% 2.3.7.5

このように一目瞭然。
新馬戦、未勝利戦、
1勝クラスを勝ってきた
ばかりの好走は、わずか
5頭だけです。複勝率も
かなり低調。

昨年は「該当馬」の
シュネルマイスターが
2着でしたが、すでに
ココで2番人気の評価を
得ていた「大方の人が
分かっていた強い馬
でした。

前走G1出走馬は
複勝率71%と堅調ですが
勝ち切ってはいません。
前走でG1に出たほどの馬=
実績十分で賞金も持って
いるコトが多いですから、
弥生賞は叩き台モードで
出走→堅実には走るが
2着3着に取りこぼすコトも
多いというコトでしょう。
実績上位馬の2・3着付も
妙味のレースと言えます。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】社台ファーム生産馬に魔のデータ?

→近10年の当レースで
社台ファーム生産馬が
なんと(0.0.1.15)、
複勝率6%。ここまで
成績が低迷していると、
やはり「何かの要因」が
ある、と診たほうが
いいのでしょう。

ちなみに
ノ-ザンファームの
生産馬は(5.5.4.16)、
複勝率47%。明暗が
クッキリです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】前走凡走馬は苦しい

→近10年の当レースの
前走「履歴」別の成績を
診てください。前走の
レースの格に関わらず
前走で崩れていた馬は
信用できないレースです。

◆前走1~5着  複勝率31% 10.9.9.62
◆前走6着以下 複勝率 8% 0.1.1.23

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。