小倉大賞典の穴馬探し

「小倉大賞典」の
穴馬探しをお届けします。

小倉大賞典は
2月20日(日)、
G1フェブラリーSと
同じ日に小倉で行われる
芝1800mのハンデ重賞。

G1の「ウラ」で
行われますので
どうしても地味な
印象のある一戦ですが
ウラ開催のG3ハンデ重賞、
頭数も揃いますし
馬場も荒れていますから
毎年、このレースは
「荒れ模様」。

昨年も2ケタ人気馬が
1着・3着に飛び込む
波乱決着でした。

穴党はぜひ、小倉にも
ご注目ください。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】今の小倉中距離で注目したい血統は…

→今冬の小倉芝中距離=
1800m~2000m戦の
種牡馬成績を診てみます。

【好調】
ゴールドシップ   複勝率46% 2.3.1.7
ドゥラメンテ    複勝率44% 3.1.3.9
ハ-ビンジャー   複勝率42% 3.3.2.11
ハーツクライ    複勝率35% 2.2.3.13
———————————–
【不調】
ディープインパクト 複勝率25% 2.1.1.12
シルバーステート  複勝率25% 1.2.0.9
ロードカナロア   複勝率25% 1.2.1.12
エピファネイア   複勝率24% 2.3.1.19
スクリーンヒーロー 複勝率20% 1.0.1.8
ルーラ-シップ   複勝率19% 2.0.3.21
モーリス      複勝率15% 1.1.0.11
キズナ       複勝率13% 1.0.1.13
オルフェ-ヴル   複勝率13% 0.1.1.13

ゴールドシップ、
ドゥラメンテ、
ハ-ビンジャー、
ハーツクライ。

【好調】4種牡馬は
いずれも、パワーか
スタミナに極端に
特化した種牡馬です。

いかに、今の小倉が
タフな芝状態かが
よく分かります。

対照的に父ディープ系、
ロードカナロア産駒など
「高速馬場向き」の
血統は総じて苦戦。非常に
分かりやすい今の小倉の
血統傾向なのです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】牝馬は苦戦傾向

→近10年の牡・牝別の
成績を診てください。
牝馬が苦戦しています。

牡セン 複勝率21% 10.9.9.108
牝   複勝率11% 0.1.1.17

レースの「質」がかなり
タフですので、牝馬には
厳しいという事でしょう。

さら、小倉への長時間の
輸送を経て牡馬混合の
重賞挑戦という状況自体も、
牝馬には決してラクでは
ありません。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。