大阪杯の穴馬探し

「大阪杯」の
穴馬探しをお届けします。

大阪杯は
4月3日(日)に
阪神芝2000mで
行われるG1レースです。

今春のG1レースは
「注目の一騎討ち」が
多くなりそうですが、
今回はその第一弾、
エフフォーリア vs
ジャックドール。

両馬の「初対決」に
興味津々ですが
伏兵陣もなかなか
粒揃い。かなり面白い
レースになりそうです。

さっそくG1大阪杯で
大切なポイントを
お伝えしましょう。

なお、大阪杯は
2017年からG1に
昇格したレース。

G2だった2016年以前の
当レースは傾向が今と
あまりに違いすぎて、
各種データがまったく
参考になりません。

ですので、当記事で
お示しするデータは
すべて2017年にGIに
昇格して以降、近5年の
ものとなります。

「G1の」大阪杯に
こだわって、データを
ご紹介していきます!

巷では、G2時代も含めた
「近10年」のデータで
ハナシが展開されている
記事がかなり多いですが、
それでは「G1に昇格した
大阪杯」の本質が全く
分かりませんので、ぜひ
ご注意ください。

 

【ポイント1】GI昇格後は「乗り替わり」がポイントに

→GI昇格以降、明確に
現れているデータの
1つがコレでしょう。

前走から騎手が
乗り替わった馬、
乗り替わらなかった馬の
成績を診てください。

乗り替わった馬    複勝率11% 1.2.1.32
乗り替わらなかった馬 複勝率33% 4.3.4.22

何とトリプルスコア。
さすがはG1レースです。
今回、騎手が続けて
乗ってくる馬のほうが
「G1でも走る可能性大と
騎手が期待している馬」で
あり実際に好走している、
ということなのでしょう。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】GI昇格後は6歳以上の馬がサッパリ走らなくなった

→GI昇格以降、コレも
明確に現れているデータ。
近5年の馬齢別の成績を
診てください。。

4歳  複勝率35% 2.2.4.15
5歳  複勝率22% 3.2.1.21
6歳超 複勝率 5% 0.1.0.18

これがG2時代ですと
エアソミュールや
トウカイパラダイス、
エイシンフラッシュ、
トーセンジョ-ダンと
いった6歳超の馬が
毎年のように馬券に
絡んでいたのですが、
G1昇格後はさっぱり
好走しなくなりました。

さすがは全馬ガチンコ、
レース質もラクでは無い
阪神2000mのG1レース。
能力減退期に差し掛かる
6歳以上の馬では厳しく、
スピードと活力に溢れる
4~5歳のバリバリ世代に
大きく利が働くように
なったのでしょう。

「7歳超」の馬が苦しい
レースは多々ありますが、
「6歳超」がここまで
苦しむのは少し珍しい。
よって、G1に昇格後の
当レース特有の大切な
現象、と診ています

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】GI昇格後は上位人気の関東馬が苦戦中

→G1昇格後の近5年の
関東馬の当レース成績は
(0.0.1.17)ですが、
1~5番人気の人気馬が
下記のように7頭もいて、
この成績です。

17年 サトノクラウン   6着 3番人気
18年 ミッキースワロー  5着 5番人気
19年 ブラストワンピース 6着 1番人気
20年 ダノンキングリー  3着 1番人気
20年 ブラストワンピース 7着 3番人気
21年 グランアレグリア  4着 2番人気
21年 サリオス      5着 3番人気

しかも、7頭の
ほとんどがこのように
「人気順以下」の
着順に沈みました。

もともと関東馬の
参戦が少ない一戦ですが
全国の記者が印を付けて
予想するG1だけに尚更、
関東馬には関東記者の
期待&忖度込の「印」が
集まりやすい状況。

しかし、その過剰な
期待値&高い人気ほど
関東馬は走れていない、
というワケです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。