北九州記念の穴馬探し

「北九州記念」の穴馬探しをお届けします。

北九州記念は8月22日(日)に小倉芝1200mで行われる短距離重賞です。

さっそく北九州記念のポイントをお伝えします。

 

【ポイント1】前走CBC賞組が不振

→近10年の出走全馬の「前走別成績」を診てください。

アイビスSD 複勝率21% 3.3.3.34
バーデンC  複勝率17% 2.0.2.19
CBC賞   複勝率14% 2.0.3.31
3勝クラス  複勝率25% 1.3.1.15
2勝クラス  複勝率50% 1.1.0.2

アイビスSDを前走で使ってきた、いわゆる「前走で新潟千直の激流の流れで走って
目を覚ましてきた馬」の成績がなかなか良好。但し、今年は該当馬の出走がありません。

 

前走で条件クラスを使っていた格下馬のアベレージも好調。
夏競馬のG3戦らしく「格より調子」を分りやすく現しているデータと言えます。

 

逆に、成績不振なのは「前走CBC賞組」です。ただ今年は例年と違いCBC賞が小倉での施行。今回と全く同じ舞台で行われました。この点がどう結果に現れますか?

 

 

【ポイント2】今の馬場は大型馬苦戦馬場?

→先週に再開した小倉。
下記を診てください。

479キロ以下 複勝率23% 6.4.6.54
480キロ以上 複勝率13% 0.2.0.13

これは、先週土日の小倉の芝1200m戦に出走した全馬の「体重別・成績」。

このように大型馬がかなり苦戦しました。

 

普段はこんな傾向はあまり現れません。むしろ大型馬がよく走る小倉芝1200m。
昨年1年間の通算でも480キロ以上の馬は複勝率25%でした。
(24.20.19.194)

 

しかし、今の馬場は大型馬優位の要馬力の馬場ではない、ということなのでしょう。

 

雨で普段より重かった先週土日でこの傾向ゆえ「尚更」とも言えます。
注目します。

 

【ポイント3】「内枠」馬が苦戦中

→近10年の枠別成績は下記のとおりです。
包まれやすい内枠のアベレージだけが低調。

 

どうしても小回り=内有利と考えますが多頭数スピード戦では内もごちゃつきがち。その「典型」のような当レースにおいてはますます内有利ではない、というコトなのです。

1・2枠 複勝率 8% 3.0.0.34
3・4枠 複勝率26% 2.6.2.29
5・6枠 複勝率23% 2.3.4.31
7・8枠 複勝率15% 3.1.4.44

 

【ポイント4】「逃げた馬」も大苦戦中

→近10年の逃げた馬は下記の通り(0.1.0.9)。

 

タフな流れになるため、逃げるとなかなか厳しくなってしまいます。

昨年は、逃げたモズスーパーフレアが残りましたが1番人気。
モズスーパーフレアでも逃げ粘れなかった、と言った方がいいでしょう。

11年 テイエムオオタカ  4着
12年 エーシンダックマン 15着
13年 アイラブリリ    8着
14年 アンバルブライベン 4着
15年 ニザエモン     18着
16年 ラヴァーズポイント 11着
17年 アクティブミノル  7着
18年 ナインテイルズ   15着
19年 イエローマリンバ  10着
20年 モズスーパーフレア 2着

 

【ポイント5】牝馬の激走に注意

→一昨年が牝馬のワンツースリー、昨年も牝馬の2・3着。
近10年の牡牝別成績も下記のように牝馬が優勢です。

牝馬 複勝率24% 5.6.7.58
牡馬 複勝率13% 5.4.3.80

「夏に強い牝馬」「短距離に強い牝馬」は共に競馬の鉄則ですがその2つが揃う一戦ゆえ牝馬が好アベレージなのは必然なのかもしれません。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です