京都牝馬Sの穴馬探し

「京都牝馬S」の
穴馬探しをお届けします。

京都牝馬Sは
2月19日(土)に行われる
牝馬限定のG3重賞。

今年も「阪神」の
芝内回り1400mで
行われます。

早速、今年の
当レースで大切な
「ポイント」を
お伝えしましょう。

【ポイント1】阪神施行だった昨年の好走馬に「共通項」アリ

→いつもの京都ではなく
阪神コースで行われた
昨年は3・5・9番人気の
決着。

1・2番人気馬が、共に
圏外に消えています。

昨年の当レースで
馬券圏に好走した3頭には
「共通項」がありました。

下記を診てください。

1着 イベリス
★フィリーズR 4着
★阪神1400mで3着あり
★父キングマンボ系

2着 ギルデッドミラー
★ア-リントンC 2着
★阪神1400mで1着あり

3着 ブランノワ-ル
★リゲルS 5着
★父キングマンボ系

共通項は3つ。
1つめは「阪神芝」の
オープンレースで
すでに掲示板に載った
実績があるコト。

2つめは、今回の
当該距離条件である
「阪神芝1400m」で
馬券圏に好走した
実績があるコト。

そして3つめは、
父キングマンボ系で
あること。

昨年の馬券圏好走3頭は
いずれも、上記の
3つのポイントのうち
最低2つを満たしている
馬たちでした。

要は、当地実績が厚めで
血統的にもパワーの
裏付けを持っている馬が
上位に快走した、という
コト。

ちなみに昨年、
1・2番人気で敗れた
リリーバレロと
シャインガーネットは
ともに、この時が初の
阪神出走でしたから
上記3ポイントを
満たせていない馬でした。

3ポイントのうち、
最低2つを満たしている
馬を探してみたい、
阪神開催の当レースです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】前走1200m経由馬がさっぱり走らないレース

→2016年に距離が
1400mに短縮された
当レース。

その2016年以降、
近6年の当レースにおける
前走の「距離別」成績を
診てください、

前走1200m  複勝率 3% 0.1.0.30
前走1400m  複勝率30% 2.1.3.14
前走1600m  複勝率26% 3.4.3.29
前走1700m超 複勝率13% 1.0.0.7

いつも様々なデータを
ご紹介していますが
ここまで「極端」な
データはさすがに珍しい。
このように、前走で
1200m戦を使っていた
馬の成績が低調です。

阪神の芝1400m戦=
単調なスピード一本では
辛いタフな舞台ですから
この「1200m経由馬が
苦しんでいる」傾向は
いっそう大切なハナシ、
とも診ています。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。