京都大賞典の穴馬探し

「京都大賞典」の穴馬探しをお届けします。

 

京都大賞典は10月10日(日)に今年は阪神で行われる伝統のG2重賞です。

 

さっそく、当レースのポイントを記します。

 

【ポイント1】前走G1組が圧倒

→まずは、施行場に関連性の薄い傾向からお伝えしていきます。

京都大賞典における近10年の前走クラス別・成績は下記のとおり。荒れ気味の決着が多めの昨今の当レースですがデータ的には前走G1組が他を圧倒しています。

条件戦  複勝率25% 0.1.1.6
オープン 複勝率11% 1.1.0.17
G3   複勝率11% 2.1.0.25
G2   複勝率16% 1.2.1.21
G1   複勝率45% 6.5.8.23

昨年も、前走G1組のワンツーでした。

 

【ポイント2】4歳馬が圧倒

→近10年の馬齢別成績は下記のとおり。4歳馬がかなり好況です。次いで5歳馬の順。

3歳  複勝率 0% 0.0.0.1
4歳  複勝率41% 3.5.3.16
5歳  複勝率27% 5.3.2.27
6歳  複勝率16% 1.1.3.26
7歳超 複勝率13% 1.1.2.26

 

【ポイント3】関東馬は苦戦

→近10年の所属別成績は下記のとおり。関東馬が苦戦しています。

関東馬 複勝率18% 1.1.1.14
関西馬 複勝率25% 9.9.9.80

しかも、馬券圏に好走した関東馬3頭はすべて4番人気以内。つまり当レースで「穴」を開けているのは関西馬、ということになります。

 

【ポイント4】当舞台注目の調教は?

→ここからは今年の舞台=阪神芝2400mに関するデータを2つお伝えします。

まずは2019年以降の阪神芝2400mの出走全馬の調教場所別の成績を診てください。

栗東芝  複率43% 1.0.2.4
栗東CW 複率35% 20.22.21.118
栗東坂路 複率26% 22.14.14.144
栗東ポリ 複率21% 0.3.2.19
——————————
美浦W  複率26% 1.2.3.17

注目は栗東CW組。複勝率が優秀ですが、複勝回収率も85%で、上記ではトップです。好走馬63頭のうち23頭が4番人気以下。つまり、栗東CW組は穴もけっこう空けているコトになります。今回も注目。

 

 

【ポイント5】当舞台注目の血統は?

→次に2019年以降、阪神芝2400mの種牡馬ランキングを診てください。

キングカメハメハ  複率48% 3.4.3.11
ハ-ツクライ    複率42% 5.6.3.19
オルフェ-ヴル   複率39% 5.4.3.19
ディープインパクト 複率38% 5.10.5.32
ブラックタイド   複率27% 0.1.3.11
ル-ラ-シップ   複率26% 4.0.5.25
ハ-ビンジャー   複率24% 1.0.4.16
ステイゴールド   複率20% 1.1.1.12
エイシンフラッシュ 複率20% 1.0.2.12

期間出走数15以上の種牡馬を記しました。

「どこでも強い」ディープインパクトのアベレージを上回る種牡馬に要注目でしょう。いずれもスタミナ面に全く不安のない3頭。

 

 

阪神芝2400m=外回りの瞬発力勝負、しかも道中がスローゆえ距離分のスタミナ
完璧に必要な舞台ではないのですが、いざ血統面から診るとスタミナ筋もけっこう
効く舞台と言えます。

 

【ポイント6】前走上がり最速馬は要注目?

→2019年以降の阪神芝2400m戦に出走した「前走が上がり最速だった馬」の成績は(14.6.13.37)、勝率20%、複勝率47%。勝ち切るのが特徴で単勝回収率は72%もあります。

 

緩流→上がり勝負になりがちな舞台ですので直近のレースで速い上がりを出してきた馬はアテになると言えます。特に頭狙いが妙味アリ。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です