中山金杯の穴馬探し

「中山金杯」の穴馬探しをお届けします。

 

中山金杯は年明け1月5日(水)に中山の芝2000mで新春恒例のG3重賞です。

一年の計は金杯にあり。
金杯で、乾杯。

 

2022年最初の重賞で、皆様の馬券も
好スタートを切って頂きたいと思います。

 

早速、中山金杯のレース傾向を幾つかお伝えしましょう。

 

 

【ポイント1】前走「GI」出走馬は嫌って妙味アリ

→中山金杯は「前走GI出走馬」が苦しむレースです。

近10年の中山金杯で『前走でGIに出走していた馬』は下記19頭。
全成績を診てください。

12年アクシオン     13着 11人気 前走秋天
13年ジャスタウェイ   3着  1人気 前走秋天
14年ケイアイチョウサン  5着  3人気 前走菊花賞
14年レインススティック 10着 11人気 前走秋天
15年ロゴタイプ     2着  1人気 前走マイルCS
15年マイネルフロスト  6着  8人気 前走菊花賞
15年アンコイルド    12着 14人気 前走JC
15年ラブイズブーシェ  14着  3人気 前走秋天
16年ブライトエンブレム  6着  2人気 前走菊花賞
18年カデナ       10着  5人気 前走秋天
19年ウインブ      1着  3人気 前走マイルCS
19年タイムフライヤー   5着  2人気 前走菊花賞
19年コズミックフォース 13着  6人気 前走菊花賞
20年ザダル       8着  3人気 前走菊花賞
20年カデナ       11着  7人気 前走秋天
21年カデナ       11着  6人気 前走秋天
21年リュヌルージュ   15着 12人気 前走エリ女
21年ディープボンド   14着  2人気 前走菊花賞
21年ダーリントンホール 17着 10人気 前走ダービー

このように(1.1.1.16)。

直近でGIに出走した格上馬としては明らかに寂しい成績です。

 

昨年などは4頭の「該当馬」が出走して、全部11着以下(!)にトビました。

 

さらにポイントなのは「前走G1出走馬」=過剰に人気を背負う事が多いコト。

上記19頭中、半数超の10頭が1~5番人気のいわゆる人気馬でした。その点を鑑みると(1.1.1.16)の成績は、さらにヒドく感じます。

 

前走GI出走=前走で「秋の目イチ勝負」を終えてきた馬ですから、年明けのココではすでに余力に乏しかったり、あるいはGI後に休みを挟んで目下の体調がまだピークでないコトが多く苦戦しがちなのでしょう。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】「距離短縮馬」が全然走れないレース

→近10年の、前走からの距離延長&短縮別の成績を診てください。

前走と同距離   複勝率23% 7.5.7.63
前走から距離延長 複勝率18% 2.5.3.46
前走から距離短縮 複勝率 5% 1.0.0.19

 

このように前走でも2000mを使っていた馬、あるいは2000mよりも短い距離を使っていて今回2000mに延長した馬が好アベレージ。

 

逆に短縮組がこのように大苦戦。前走で長めの距離を使ってくると、中山芝2000mの忙しい流れへの対応がなかなか難しいのかもしれません。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】超ベテラン不振

→7歳以上の馬が近10年(1.0.3.59)、複勝率6%と不振。
明け4歳~6歳に大差はありませんが7歳を超えると大きく成績が下がります。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。