中山記念の穴馬探し

「中山記念」の
穴馬探しをお届けします。

関東の開催は
次週から中山に移行。
皐月賞ウイークまで
8週連続の中山開催です。

中山記念は、開幕週の
2月27日(日)に
芝1800mで行われる
伝統の古馬G2重賞です。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】穴党は「4角先頭馬」が狙い所?

→近10年の当レースでは、
「4角で先頭にいた馬」が
下記のように(0.2.3.5)、
複勝率50%と非常に優秀な
アベレージです。

12年 シルポート     2着 7番人気
13年 シルポート     3着 8番人気
14年 トウケイヘイロー  6着
15年 ロゴタイプ     2着 2番人気
16年 ラストインパクト  6着
17年 マイネルミラノ   9着
18年 マルターズアポジー 3着 6番人気
19年 マルターズアポジ- 7着
20年 マルターズアポジ- 6着
21年 ウインイクシード  3着 7番人気

たとえ道中でタフに
淀みなく流れても、
小回りトラック+
内回りコースの利を
しっかり活かして
後続に「追走脚」を
ダラダラ使わせる形を
取れれば、前で進めた
いた馬が粘れるのです。

また近年は、この後に
大目標を控えたA級馬の
出走もかなり多めですが
それらが総じて慎重に
仕掛けるため、早めに
先頭に立った逃げ先行馬に
なおさら利が働いている、
とも言えるでしょう。

しかも上記のように
粘り切った5頭中4頭が
6~8番人気の人気薄。
昨年4角先頭から3着の
ウインイクシードも
7番人気。馬券の妙味も
「4角先頭馬」が提供して
います。

ですから穴党の方には、
「今年は4コーナーで
どの馬が先頭に立って
いそうか?」を推察する
作業を施しておく事を
おススメします。

【ポイント2】明け4歳馬が非常に強いレース

→近10年の馬齢別の
成績は下記のとおり。
明け4歳馬の複勝率が
群を抜いています。
ほぼ半分の馬が馬券に
絡んでいる計算。

4歳  複勝率48% 4.3.5.13
5歳  複勝率28% 5.4.0.23
6歳  複勝率18% 1.2.2.23
7歳超 複勝率12% 0.1.3.29

さらに今季は4歳馬の
芝重賞での好調ぶりが
顕著ですから、ココも
4歳馬に一律加点する
くらいの評価でちょうど
いいのではないでしょうか。

【ポイント3】勝ち切っているのは「距離短縮組」だが堅実に走っているのは「距離延長組」

→近10年の「前走からの
距離延長/短縮」別の
成績は下記のとおり。

前走から距離短縮 勝率10% 複勝率21% 8.6.3.64
前走から距離延長 勝率 7% 複勝率36% 2.3.6.20
前走と同距離   勝率 0% 複勝率50% 0.1.1.2

前走から距離を短縮して
きた馬が近10年で8勝を
マークしており勝率も
優秀。勝ち馬探しなら、
距離短縮組となります。

しかし、複勝率が
優秀なのは前走から
距離を延長してきた組。
「3着以内に堅実に
走ってくれそうな馬」を
見繕うなら距離延長組と
いうことになります。
(前走と同距離組は
出走数が少ないので
見解に含めません)

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。