中山グランドジャンプの穴馬探し

「中山グランドジャンプ」の
穴馬探しをお届けします。

中山グランドジャンプは
4月17日(土)に
中山の大障害コースで
行われる障害G1です。

先日に11歳になった
オジュウチョウサンが
当タイトルの奪還に
挑みます。

土曜施行の
レースですので
さっそく当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】近年の好走馬の「パターン」は3つだけ

→近6年の当レースの
好走馬18頭の顔ぶれを
診てください。

16年1着馬 △
16年2着馬 ★ 前年暮れの大障害3着
16年3着馬 ▼
17年1着馬 △
17年2着馬 ★ 前年暮れの大障害4着
17年3着馬 ★ 前年暮れの大障害2着
18年1着馬 △
18年2着馬 ★ 前年暮れの大障害2着
18年3着馬 ▼
19年1着馬 △
19年2着馬 ★ 前年暮れの大障害4着
19年3着馬 ★ 前年暮れの大障害3着
20年1着馬 △
20年2着馬 ★ 前年暮れの大障害3着
20年3着馬 ★ 前年暮れの大障害2着
21年1着馬 ★ 前年暮れの大障害1着
21年2着馬 ★ 前年暮れの大障害2着
21年3着馬 ★ 前年暮れの大障害3着

★印の付く馬、
▼印の付く馬。
△印の付く馬。

当レースの好走馬=
上記3つのパターンに
ハッキリ分かれます。

★印=前年暮れの
中山大障害の「1~4着」馬。

▼印=今回が障害G1に
初出走だった馬。
但し「中山&福島の
障害でオール4着以内」と
いう、抜群の中山&
福島障害実績を持って
いた馬

そして△印=絶対王者の
オジュウチョウサン。

★印、▼印、△印。
いずれかの印が付く馬しか
好走していないのが
当レースなのです。

障害界=力関係が
変わりづらい世界。

しかも春に行われる
グランドジャンプは
前年暮れの大障害から
たった4ケ月後の施行。

そんな短期間の間に
障害トップの勢力図が
一変していることなど
ありえません。

ですから、春施行の
グランドジャンプ=
前年暮れの大障害で
好走した馬がふたたび
好走するのが基本中の
基本、というコト。
だからこそ★印付きの
馬が大勢を占めます。

また、中山&福島の
障害戦=バンケットの
昇降がキツい共通項が
あるため、中山&福島の
障害戦で「中山&福島の
好走実積」はプラス材料。

ゆえに、今回が初めての
大障害出走でも中山&
福島の障害での成績が
抜群なら期待可…という
ワケです。それが▼印の
付く馬になります。

オジュウチョウサン+
★印、▼印いずれかの
該当馬に注目となります。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】わずか複勝率8%の「鬼門」ローテとは?

→近10年の
前走別成績を診ると、
阪神スプリングJを使って
きた馬が(5.6.4.27)、
複勝率36%で優勢です。
次いでペガサスJS組が
(3.2.4.30)複勝率23%。

不振なのは、前走で
そのペガサスJS以外の
オープン特別を使った
馬です。(1.1.0.22)、
複勝率わずかに8%。

完全に当レースの
「ステップ戦」として
定着している当地での
ペガサスJSを使って
きた馬ならまだしも、
その他のオープンを
前走で使っていたような
馬では、そもそもの
レベル&勝負気配的に
足りない馬、という
コトになるのでしょう。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】枠順のナゾ?

→近10年の当レースの
枠別・成績を診て
ください。

1・2枠 複勝率 9% 0.2.0.21
3・4枠 複勝率35% 0.2.7.17
5・6枠 複勝率41% 7.3.3.19
7・8枠 複勝率16% 3.3.0.32

このように1・2枠が
サッパリなのです。
10年でたった連対2頭。

しかも、
勝っているのは全て
「5枠から外」の枠。

障害戦なんて枠順は
関係ないだろう…と
言われそうですが、
スタートしていきなり
いけ垣を飛んで右に
曲がっていく変則的な
序盤のレイアウト。

内枠馬が前に行けないと
アッという間に外から
包まれて自分のリズムを
崩してしまうケースも
ある…というコトでは
ないでしょうか。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。