ホープフルSの穴馬探し

ホープフルSの穴馬探しをお届けします。

 

ホープフルSは12月28日(火)に中山芝2000mで行われる2歳のG1レースです。

 

早速、ホープフルSのレース傾向を
お伝えしましょう

 

なお、当レースは色々な大人の事情で
G1に昇格して今年で5年目。

 

G2だったそれ以前とはレースの格が異なるため以前のレース結果などは参考にできません。

 

そこで今回は、G1に昇格した近4年「のみ」の当レースで現れているいくつかの傾向について、あえてお伝えします。

 

 

【ポイント1】G1格上げにより、関西馬の活躍が急増)

→G1格上げによる当レース最大の変化はおそらくコレです。

まず、G1格上げ前の2009年~2016年までの東西所属別・成績を診て
ください。

関西馬 3.1.2.28 複勝率18%
関東馬 5.7.6.61 複勝率23%

このように地元・関東馬がリード。

 

次に、G1格上げ後の近4年の東西所属別・成績を診てください。

関西馬 4.3.2.26 複勝率26%
関東馬 0.1.2.20 複勝率13%

一目瞭然でしょう。
一気に形成逆転、関西馬が優勢です。
ダブルスコアでリード。

 

つまりホープフルSはG1格上げ後、東西の力関係が逆転したレースなのです。

 

G1格上げ前は地元の関東馬による「弥生賞・皐月賞へのチャレンジマッチ」的な様相。しかも関東馬が結果も出していました。

 

しかし、賞金も格も上がれば、現実志向の関西馬のヤル気は俄然変わってきます。
「弱い関東馬」も数多く走る高額賞金戦と化したG1・ホープフルSを関西馬が見逃すワケがありません。

 

まさに「絶好の草刈り場」。

 

遠征の手間を使ってでも遠征の価値アリ、ということなのでしょう。

きっちり仕上げて、きっちり獲りにきて、きっちり結果を出す関西馬が増えた=
近4年の関西馬がこれだけ多く好走しているというワケです。

 

また関西馬の場合、地元阪神で同じG1の朝日杯FSを見送ってあえて中山に運んで
くるワケですから、関東馬と比較して「中山芝2000mに適性が高そうな馬」が多く出走している点も大きいと思います。

 

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

 

【ポイント2】G1格上げで「格」が必要になってきた)

→G1格上げ前の2009年~2016年に馬券圏に好走した24頭の前走の格を診てください。

重賞・オープン 5頭
1勝クラス    6頭
未勝利・新馬  13頭

 

次に、G1格上げ後の近4年に馬券圏に好走した全12頭の前走の格を診てください。

重賞・オープン 9頭
1勝クラス    2頭
未勝利・新馬  1頭

 

コレも一目瞭然。
G1格上げによってレースの本質が大きく変わっていることが、このデータから明確に分かると思います。

 

ですので、当レースをデータ分析する際に「近10年」などで括るのは言語道断。

あくまで「G1」のホープフルSとして頭を切り替えて考える必要があるのでます。

 

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。