フラワーCの穴馬探し

「フラワーC」の
穴馬探しをお届けします。

フラワーCは
3月21日(月・祝)に
中山芝1800mで行われる
G3の3歳牝馬重賞です。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】これがキモ!関西馬+関西のジョッキー!

→近10年の当レースに
おける、東西別成績を
まず診てください。

関西馬 複勝率24% 4.4.4.39
関東馬 複勝率19% 6.7.5.77

このように関西馬が
わずかに優勢ですが
そんなコトよりも
注目したいのは、馬と
鞍上との組み合わせ。

というのも、
同じ関西馬でも
「関西騎手が乗った馬」と
「関東騎手が乗った馬」で、
下記のように大きな成績差が
発生しているのです。

関西馬(4.4.4.39)のうち…
A. 関西所属騎手が騎乗 複勝率50% 4.3.3.10
B. 関東所属騎手が騎乗 複勝率 7% 0.1.1.27

一昨年は象徴的でした。
勝ったのは12番人気の
A該当馬。いっぽう、
B該当馬は全滅でした。

昨年もA該当馬が2着。
B該当馬は全滅でした。

正式なトライアルでも
ないこのレースに
わざわざ関西から騎手を
連れてきてまで遠征して
くる、関西の3歳牝馬=
このフラワーCへの、
そして賞金を上積みしての
クラシック戦線参入への
勝負気配が高い、という
ことではないでしょうか。

ともあれ
これほど極端な
アベレージの差が
発生していますので
特に関西馬を狙っている
方は要チェック。

私も個人的に、
該当馬のボックスは
押さえておこうと
思っているほどです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】「距離実積」が無い人気馬は危ない

→近10年の当レースには
19頭の「1800mおよび
1800m超の距離で
馬券圏に好走した事が
1度も無かったのに、
5番人気以内に推されて
いた馬」が出走して
いましたが、下記の
ように(2.1.2.14)。

人気馬とは思えない、
低調なアベレージです。

12年 マイネボヌ-ル   10着 0.0.0.0
13年 サクラプレジ-ル  1着 0.0.0.0
13年 レッドマニッシュ  8着 0.0.0.1
14年 クリスマス     7着 0.0.0.0
14年 チョコレートバイン 8着 0.0.0.0
14年 ニシノアカツキ   10着 0.0.0.1
15年 アルビアーノ    1着 0.0.0.0
15年 ロッカフラベイビー  4着 0.0.0.0
15年 ジャポニカーラ    6着 0.0.0.0
16年 ルフォール      8着 0.0.0.0
16年 アオイサンシャイン  6着 0.0.0.0
17年 ドロウアカード   3着 0.0.0.0
17年 ハナレイムーン   5着 0.0.0.0
17年 ディーパワンサ   6着 0.0.0.0
18年 トーセンブレス   2着 0.0.0.0
18年 モルフェオルフェ  8着 0.0.0.1
19年 ランブリングアレ- 3着 0.0.0.0
20年 ミアマンテ     6着 0.0.0.0
21年 イズンシーラヴリー 4着 0.0.0.0

※いちばん右の着度数は、
フラワーCの前までの
「1800m以上」のレースでの成績

昨年も「該当馬」の
イズンシーラヴリーが
4着に沈みました。

つまり「距離実績が
無いのに上位人気に
なっているマイラー」は
あまり好走していない、
ということ。

明らかに当レースの
「消しどころ」と
化しています。

実戦経験の乏しい
3歳牝馬が「小回り+
内回りでタフに流れる
中山芝1800m」を走る
フラワーC。レース質は
けっこうシビアです。

ゆえに、1800m戦や
それ以上の距離で
好走した実積が皆無の
マイラー然とした馬では、
たとえ上位人気馬でも
厳しいのでしょう。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。