スプリングSの穴馬探し

「スプリングS」の
穴馬探しをお届けします。

スプリングSは
3月20日(日)に
中山芝1800mで行われる
皐月賞トライアルです。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】当レースで最も「狙えない」前走履歴は…

→近10年の
当レースの前走着順別の
成績を診てください。

◆前走「重賞・オープン」で
1着   複勝率50% 1.3.4.8
2・3着  複勝率33% 3.2.1.12
4着以下 複勝率 6% 0.1.1.32

◆前走「1勝級以下」で
1着   複勝率21% 5.3.1.35
2・3着  複勝率30% 0.0.3.7
4着以下 複勝率20% 1.1.0.8

このように、最も
「狙えない」ゾーンは
前走で重賞orオープンを
使い4着以下だった馬。

なんと(0.1.1.32)、
複勝率6%と極端に
不振です。

つまり、前走の
重賞やオープン特別で
すでに底を見せた馬が、
さらにメンバーが厚く
揃ったこのレースで
巻き返すのは容易では
ないというコト。

重賞やオープン特別で
凡走してきた馬よりは、
前走で格下戦を使って
いた「正体がまだ
不明な馬」の方が
まだ狙える、という
コトになるワケです。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】前走から中3週以下の馬が不振

→前走から中3週以下の
馬と、中4週以上の馬で
成績が大きく違うのも
当レースの特徴です。

近10年の
レース間隔別の成績は
下記のとおり。

前走から
中3週以下 複勝率15% 2.2.3.41
中4週以上 複勝率27% 8.8.7.62

皐月賞トライアルに
何とか間に合わせようと
直前にキツいローテで
使ってきた馬では余力が
残っていない、という
ことなのかもしれません。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント3】キャリア6走以上の馬は苦しい

→近10年(1.0.2.28)、
複勝率10%。この
レースを迎える時点で
「使い倒されている」
早熟タイプの馬では
苦しいのでしょう。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。