クイーンCの穴馬探し

【ポイント1】関西馬が優勢

→当レースの東西別の
近10年の成績を診て
ください。

関西馬 複勝率32% 4.4.3.23
関東馬 複勝率18% 6.6.8.89

このように関西馬が
複勝率で大きく
リードしています。

この時期に、東京に
遠征して当レースを
わざわざ使いにくる
関西の3歳牝馬=
オークスやNHKマイルも
見据えて(コース・
輸送に対する)練習的に
使ってくる馬もけっこう
多いですが、要は今から
G1を見据えているほどの
素質の高い関西牝馬が
やってくるというコト。

「地元だから使う」馬も
多い関東馬とは、陣営の
意識も、馬自身の素質も
違う事が多くこのような
成績差に現れている、と
診ています。

【ポイント2】前走が「非重賞」の馬では苦しい

→当レースの近10年の
前走別・成績を診て
ください。

新馬・未勝利戦 複勝率15% 0.3.3.33
1勝クラス   複勝率13% 4.1.1.40
重賞      複勝率27% 6.6.7.52

このように
前走が重賞の馬と
非重賞の馬で、成績が
ほぼダブルスコアです。

近年はメンバーが
揃っている当レースゆえ
前走の「格」が
そのまま今回の結果に
現れやすくなっている、
というコトなのでしょう。

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。