アンタレスSの穴馬探し

アンタレスS」の
穴馬探しをお届けしま

アンタレスSは
4月17日(日)に
皐月賞のウラで行わ
古馬のダート重賞で

このレースは
2018年から、皐月賞と
同日施行となりました。

さっそく当レースの
ポイントをお伝えしま

【ポイント1】前走マーチS組、オープン特別組が大不振

→近10年の前走別成績を
診てください。

名古屋大賞典 複勝率53% 4.3.1.7
ダイオライト 複勝率36% 1.2.1.7
フェブラリー 複勝率20% 0.1.0.4
マーチS   複勝率12% 0.3.4.53
オープン特別 複勝率12% 3.0.1.30
準オープン  複勝率  0% 0.0.0.12

前走マーチS組、
前走オープン特別組の
不振が目立ちま

特にマーチS組は
10年間で60頭出走の
「最大勢力」組ながら
なんと未勝利で
複勝率もわずか12%。

マーチS=直前の
G1フェブラリーSに
出走しなかった
「一流半」の馬による
ハンデ戦。メンバーの
レベルは毎年低めで

一方、アンタレスSは
この後の地方G1を目指
一流馬も出走してくる
別定戦。一応のレベルは
保たている一戦で

ゆえに同格のG3でも
このアンタレスSは
マーチSより出走馬の
レベルがやや高め。

そのメンバーレベルの
違いが、マーチS組が
当レースで苦しんでいる
主要因と診ていま

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

 

【ポイント2】関東ジョッキーの遠征騎乗に要注意?

→2018年からは
皐月賞のウラ開催として
行わている当レース。

2018年以降の好走馬の
鞍上を診てください。

◆2018年
1着馬 川田
2着馬 松山
3着馬 四位

◆2019年
1着馬 大野 ★
2着馬 浜中
3着馬 吉田隼★

◆2020年
1着馬 藤岡佑
2着馬 大野 ★
3着馬 石橋 ★

◆2021年
1着馬 松若
2着馬 内田博★
3着馬 幸

注目は12頭中5頭の
鞍上が、アウェーの
「関東の騎手」が
騎乗していた点(★印)。

関東所属の騎手が、
地元関東でG1レースが
行わている日に
わざわざ阪神に西下して
ダートG3に乗ってくる=
鞍上的には「勝負気配が
高い」という事なのかも
ません。

=============
該当馬は下記のボタンから

=============

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。