きさらぎ賞の穴馬探し

「きさらぎ賞」の
穴馬探しをお届けします。

きさらぎ賞は
2月6日(日)に
中京2000mで行われる
3歳馬のG3重賞です。

早速、当レースで
大切なポイントを
お伝えしましょう。

【ポイント1】中京2000m施行のきさらぎ賞では、まずココをチェック!

→昨年は、今年と
同じく中京2000mで
レースが行われましたが、
その昨年の上位3頭には
共通項がありました。

1着 ラーゴム      京都2歳S 2着(前走)
2着 ヨ-ホ-レイク   ホープフルS 3着(前走)
3着 ランドオブリバティ 芙蓉S 1着(前々走)

このように
昨年の1・2・3着馬は
すでに
「2000m重賞で
馬券に絡んだ実績」
または
「2000mのオープン特別で
勝ちきった実績」を
持つ馬だったのです。

しかも。
4着以下の馬は全て、
その「実績」を
持っていない馬でした。

例年は京都1800mで
行われている当レース。

しかし、中京2000mに
条件変更された昨年は
タフなコース設定も
効いているのか、単純に
2000m重賞やオープンでの
距離実績を持っていた馬が
上位を占めたわけです。

だからこそ
人気3頭での決着に
なったとも言えますが、
たとえば5番人気ながら
ブービーに沈んだ
ドゥラモンドなどは、
朝日杯を経由してきた
ようなマイル志向馬。
この点からも、昨年に
現れた「傾向」の意味が
分かるというものです。

2000m重賞、
オープンでの実績を診よ。

中京施行のきさらぎ賞の
予想の「出発点」です。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

【ポイント2】ノ-ザンF生産馬のためのレース?

→当項目は、開催場や
距離の変更とは関連性が
薄いテーマですので
近10年のデータから
お伝えします。

ノ-ザンF生産馬が
近10年の当レースで
なんと(5.7.3.17)、
複勝率47%。昨年も
ワンツーでした。

近年は、ノ-ザン系の
馬がしっかり狙ってきて
結果も出している重賞、
といえますが、今年の
出走馬の面々を鑑みると
今年も要チェックです。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

【ポイント3】新馬勝ち直後の馬が苦戦しているレース

→当項目も、近10年の
データからお伝えします。

近10年の出走全馬の
前走「クラス」別成績を
診てください。

新馬    複勝率14% 1.1.0.12
未勝利   複勝率36% 0.1.3.7
1勝クラス 複勝率39% 3.7.3.20
オープン  複勝率33% 2.0.0.4
重賞    複勝率33% 4.1.4.18

このように、前走で
新馬戦を勝ったばかりの
いわゆる1戦1勝馬の
苦戦が目につきます。

近年は、当レースの
メンバーレベルが
上がってきましたので
キャリアが極端に少ない
1戦1勝馬では何かと
苦しい面が多いという
ことかもしれません。
=============
該当馬は下記のボタンから

=============

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。