フラワーCの穴馬探し

「フラワーC」の

穴馬探しをお届けします。

フラワーCは
3月20日(土)に
中山芝1800mで行われる
3歳牝馬限定の重賞です。
桜花賞の最終東上便。

土曜施行ですので
さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

 

 

【ポイント1】
関西馬+関西騎手の
コンビが驚異的成績

→2010年以降の
当レース(阪神開催の
2011年除く)における
東西別成績を、まず
診てください。

関西馬 複勝率24% 5.3.4.39
関東馬 複勝率19% 5.8.5.77

 

このように関西馬が
わずかに優勢ですが
注目は「鞍上」との
マッチング。

というのも、
関西騎手が乗った関西馬と
関東騎手が乗った関西馬で
下記のように大きな成績の
差が発生しているのです。

 

当レース出走の関西馬
A. 関西の騎手が騎乗 複勝率47% 4.2.3.10
B. 関東の騎手が騎乗 複勝率10% 1.1.1.27

 

昨年などは象徴的。
勝ったのは12番人気の
A該当馬。いっぽうで
B該当馬は全滅でした。

 

正式なトライアルとも
扱われていないこの
土曜のレースに、
わざわざ関西から騎手を
帯同させてまで遠征して
くる関西の3歳牝馬=
当レースへの、そして
賞金を上積みしての
クラシック戦線参入への
勝負気配が高いという
ことなのでしょう。

 

【ポイント2】
「距離実積」が無い
人気馬は危ない

→2010年以降の
当レース(阪神開催の
2011年除く)には
計20頭の「1800m、
およびそれ以上の距離で
3着以内に好走した事が
1回も無かったのに、
5番人気以内に推されて
いた馬」が出走して
いましたが、下記の
ように(2.1.2.15)。

上位人気馬とは思えない、
低調なアベレージです。

 

10年 シンメイ 5着 0.0.0.0
10年 ニ-マル 7着 0.0.0.0
12年 マイネボ 10着 0.0.0.0
13年 サクラプ 1着 0.0.0.0
13年 レッドマ 8着 0.0.0.1
14年 クリスマ 7着 0.0.0.0
14年 チョコレ 8着 0.0.0.0
14年 ニシノア 10着 0.0.0.1
15年 アルビア 1着 0.0.0.0
15年 ロッカフ  4着 0.0.0.0
15年 ジャポニ  6着 0.0.0.0
16年 ルフォー  8着 0.0.0.0
16年 アオイサ  6着 0.0.0.0
17年 ドロウア 3着 0.0.0.0
17年 ハナレイ 5着 0.0.0.0
17年 ディーワ 6着 0.0.0.0
18年 トーセン 2着 0.0.0.0
18年 モルフェ 8着 0.0.0.1
19年 ランブリ 3着 0.0.0.0
20年 ミアマン 6着 0.0.0.0

 

※いちばん右の着度数は、
フラワーCの前までの
「1800m以上」のレースでの成績

 

昨年も象徴的でした。
上位人気5頭のうち、
馬券に絡んだ2頭は
共に「距離実績」が
あった馬。

逆に、6着に負けた
3番人気馬は距離実績が
無かった馬でした。

つまり「距離実績が
無いのに上位人気に
なっているマイラー」は
あまり好走していない
レース、ということ。

明らかに、当レースの
「消しどころ」と
化している感じです。

実戦経験の乏しい
3歳牝馬が「小回り+
内回りでタフに流れる
中山の芝1800m」を
走るフラワーC。

レースの質はけっこう
シビアです。

ゆえに、1800mや
それ以上の距離で
好走した実積がまったく
無いようなマイラー然と
した馬では、たとえ
上位人気馬でも厳しいと
いうことなのでしょう。

 

【ポイント3】
父ノーザンダンサー系が
穴の狙いどころか

→近5年の当レースで
父ノーザンダンサー系は
(0.1.2.9)複勝率25%。
サンデー系の同22%、
ミスプロ系の14%を
上回っています。

しかも、好走した3頭の
人気順は14・8・4。
複勝回収率も155%。
これも、各系統の比較で
断トツのアベレージ。

シビアな質のレースらしく
パワーに長けた馬が多い
父ノーザンダンサー系が
特に近年は穴の狙い所と
なっている印象です。

 

【ポイント4】
「逃げそうな馬」は
一応マークを

→2010年以降の
当レース(阪神開催の
2011年除く)で逃げた
馬の成績は(3.0.1.6)、
複勝率40%と堅調。
しかも「掲示板」には
6頭も載っています。
今年も逃げそうな馬は
一応のマークが必要。

 

10年 シンメイ 5着
12年 ヘレナモ 4着
13年 ロゼラニ 10着
14年 ホクラニ 13着
15年 アルビア 1着
16年 エンジェ 1着
17年 ドロウア 3着
18年 モルフェ 8着
19年 コントラ 1着
20年 ナリノク 10着

 

【ポイント5】
「対牡馬」レースでの
好走馬を狙え

→2010年以降の
当レース(阪神開催の
2011年除く)で
馬券圏に好走した
30頭のうち20頭が
「直前2走のうち、
少なくともどちらかで
牡馬混合戦で掲示板に
載っていた」馬でした。

昨年も「該当馬」の
ワンツースリー。

そもそも中山1800mは
3歳牝馬にとってタフな
コース。牡馬と好戦して
きた「強じんな履歴」が
いっそう活きやすい、と
いう事かもしれません。

ともあれ直近レースで
対戦した牡馬のレベルが
よく分からなくとも
牡馬と戦ってきたという
直近の「出走履歴」だけで
アドバンテージに解釈して
いいコトになるワケです。

 

以上5点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

人気ブログランキングへ

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です