JBC2歳優駿の穴馬探し(推奨馬アリ)

★『第2回 JBC 2歳優駿』
交流G3 門別1800m (3日水曜門別5R・15時40分発走)

 

★推奨馬/リコーヴィクター
★推奨馬/エンリル

 

北海道2歳優駿が「JBCシリーズ」に組み込まれて今年が2年目。昨年は地元道営馬のワンツー、6・13番人気で馬連179倍の波乱となりました。

 

 

地元道営馬の有利はやはり今年も動きません。サンライズカップでワンツーしたナッジとシャルフジンがココも人気を集めるでしょう。ただ、前者は使い詰め、後者は展開的にどうか。全幅の信頼を置ける感じではありません。

 

 

そこで、その2頭は押さえに回して穴狙い。道営のリコーヴィクターとエンリルを狙います。

 

 

リコーヴィクターは前述サンライズカップでナッジ・シャルフジンの3着だった馬ですがこちらが1番人気でした。しかしスムーズさを欠き、道中で閉じ込められて
嫌気も差したのか仕掛けにあまり応じず、遊んで走っていた印象。

 

それでも直線はまた伸びました。

 

 

ただ、レコード勝ちの前々走などを見るとスムーズにさえ運べれば、そして気持ちが途中で切れなければ相当に走るハズですから、前走は力負けで無いと判定。

 

今回の揉まれない枠、大井から参じる笹川騎手の遊ばせない騎乗は心強い好ファクターで、彼の事前コメントを診ても当馬のクセを理解している模様ですから楽しみが持てます。中間の具合も良さそう。3コーナーからビッシリ追い続けて直線で抜けてくるシーンに期待。

 

降雨で当日の馬場が軽くなりそうですので、エンリルの逃げ粘りもマークしておきます。スタート力は屈指。しかもこの血統、かつ短めの距離を使ってきた一連の直近履歴ですからハナ奪取は確実。

 

あとは後続の仕掛けが遅れれば軽いダートを味方に逃げ粘っても不思議はありません。1周競馬で道中マイペースに落とす競馬を前走できっちりできた点も◎。後続に
並びかけられてもまた突き放していました。

 

大いに期待しています。

 

※JBCの模様はグリーンチャンネル、BS11などで生中継されます

 

●JBC 2歳優駿 推奨馬●
リコーヴィクター (笹川騎手が遊ばせない)
エンリル     (ハナ奪取から)

 

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です