浦和記念の穴馬探し

★『第42回 浦和記念』
交流G2 浦和2000m (23日火曜10R・15時25分発走)

 

★推奨馬/ウェスタールンド
★推奨馬/アメリカンフェイス

 

浦和競馬における、
古馬最大のビッグレース。
JRAから5頭、南関東3頭、
笠松2頭の10頭立てです。

ビッグレースとはいえ、
日程的にはJBCと
チャンピオンズCに
挟まれていますので、
JRAの「超一流馬」の
出走はありません。

ただ今年は南関東勢の
層が薄いメンバーに
なりました。地元の
タービランスが果たして
どこまで走れますか。
1月の川崎記念では4着。

ウェスタールンド・
アメリカンフェイスの
JRAコンビを狙います。

ウェスタールンドは
1~2番人気ですから
多くは記しません。
昨年の浦和記念で
一頓挫ありながら3着。
その時と比べて少し
相手は薄くなりましたし、
今回のほうが体も中身も
デキている印象の過程。
チャンピオンズCを捨てて
ココ出走は、年齢的にも
何とか現実的なところで
タイトルをもう1つ…の
意気の表れでしょう。

アメリカンフェイスの
未知の魅力を買います。
この米系配合ですから
左回りの長丁場戦で
良績が多いのは納得。
今回も左回りで2000m。
早めからジリジリと脚を
伸ばし続ける走り方は
浦和コース好適の感。

しかも今回は大外枠。
砂を被らずに自然流で
道中を進められます。
鞍上も今回は南関東の
森騎手。勝手知ったる
浦和コースでこの馬の
気を損ねずに、前半を
ソロッと上手に進めて
くれることでしょう。
メンバー構成を診ても
それほど前の馬から
離されず進められる
ハズですし、外枠ゆえ
外から自在に仕掛けを
打てます。おそらく
早めに仕掛けて持久戦。
そして余力十分で直線へ。
楽しみな展開を描けます。

相手関係を鑑みても
勿論ウェスタールンドは
強靱ですが、他の馬が
相手なら好戦可。鞍上に
全権委任で十分楽しめる
一戦と診ました。

 

●浦和記念 推奨馬●
ウェスタールンド  (最後の戴冠チャンス?)
アメリカンフェイス (早めに仕掛けて圏内へ)

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です