川崎スパーキングスプリント(推奨馬あり!)

★『第1回 川崎スパーキングスプリント』
南関東S3重賞 川崎900m (15日火曜11R・20時10分発走)

 

=============================

推奨馬については
ブログランキングの「競馬の王様」
プロフィール欄に記載しました。

↓をクリックして、今すぐご確認ください!

=============================

 

オープン特別として行われていた当レース。
今年から、S3重賞に格上げされました。

 

1・2着馬には、地方短距離における全国チャンピオン決定戦・習志野きらっとスプリントの優先出走権が与えられます。

 

さて、当レースは重賞への格上げにより4歳以上、騎手減量無の条件に様変わり。

 

伏兵の穴が空きづらくなったと言えますが…

 

ただ、今回の出走メンバーを診ての第一感は、逃げ一徹のダンディーヴォーグの
ほかに、逃げたい馬が見当たらないコト。

 

南関東の短距離戦は単調な逃げたい馬、あるいは前々に行きたい馬が中央以上に多く揃うのが通例。結果、テンがすごく速くなり、逃げ残れるのは「強い逃げ馬」だけ。

 

差しの伏兵穴が結構あくのが「パターン」です。

 

ところが、今回はダンディーヴォーグにケンカを売りそうな馬が見当たりません。

 

カプリフレイバーは大型馬の休み明けでスタートが微妙ですし、フランシスコダイゴの近況は基本差し待機。ヴァケーションはこの距離が忙しい馬で今回はついていくのにかなり骨を折りそう。

 

ということで今回は電撃900m戦のワリにダンディーヴォーグがラクに主導権を獲れる、と判定。

 

ならばこれまでの勝利の全てが900m戦というスペシャリストの快速が黙っていません。前走は準オープンで逃げての6着でしたが休み明け、プリモジョーカーや
レベルフォーら厄介な同型がいたメンバーで苦しくなったもので敗因は明確です。

 

今回は叩いて良化して好展開が待っている一戦。

しかも人気もいったん落ち着きますし、地元の重賞というコトで好枠もプレゼントされました。コレは逃げ粘るのみです。

 

●川崎スパーキングスプリント 推奨馬●
○○ (今回は逃げ粘る)

推奨馬は上に記載しています。

 

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です