ユニコーンSの穴馬探し

「ユニコーンS」の穴馬探しをお届けします。

ユニコーンSは6月20日に行われる3歳限定のダート重賞。
さっそく、当レースのポイントをお伝えします。

 

【ポイント1】昨年のレッチェパロックのような馬を、まず嫌え

→当レースのキモです。

近10年の前走からの距離延長/短縮別の成績を診てください。

前走から距離延長 複勝率11% 1.2.2.39
前走と同距離   複勝率22% 4.4.5.46
前走から距離短縮 複勝率25% 5.4.4.40

「前走から距離延長」の馬のみ、極端に成績が低調です。

東京のマイル=芝でもダートでも距離分以上のスタミナが必要などとよく言われます。

このレースに関してもまさに、その格言がピタリ当てはまっている印象。1400m以下の短い距離を前走で使い今回、マイルに距離を延ばしてきた馬がかなり苦しんでいます。

 

昨年も象徴的な結果が現れました。1400mでデビュー2連勝してココにルメール騎手で挑んできた2番人気のレッチェパロックが9着完敗したのです。

まさに「傾向」どうり。

 

昨年のレッチェパロックのような距離延長馬を、まず嫌え。

当レースにおける大切な法則です。

 

【ポイント2】今の東京ダ1600mで要注目の傾向はコレ!

→ここ何週かの東京ダート1600mの要注目傾向をひとつ、ご紹介しておきます。

 

それは、前走から距離を短縮してきたうえで、かつ「最終追い切り」の終い1H12.0秒以下だった馬がやたら走っている、というコト。

 

近3週で8頭が出走して下記のように、なんと(3.1.2.2)。ほとんど崩れていないのです。

5/29 12R アシャカ  13着 11人気
5/30 09R ファイア  3着 3人気
6/05 11R オメガレ  1着 3人気
6/06 02R ゴーフォ  14着 13人気
6/13 10R スマッシ  1着 1人気
6/13 10R ハギノリ  2着 3人気
6/13 10R ダノング  3着 12人気
6/13 03R アルマド  1着 2人気

圧巻だったのは13日(日)夏至S。

前走で1800m超の距離を使い、しかも今回の最終追い切りの終い1ハロンの時計が12.0秒以下という「対象馬」の出走は3頭だけでしたが、なんと、その3頭のワンツースリー!

これほど極端ならこういった履歴の馬が走りやすい目下の東京ダート1600mと診ていいでしょう。ここも「対象馬」が現れれば要注目です。

 

【ポイント3】前走で○○クラスを使っていた馬では苦しい

→前走で○○クラスを使っていた馬は近10年(1.0.4.51)、
複勝率9%と大苦戦。

 

=============================

前走の○○クラスは
ブログランキングの「競馬の王様」
プロフィール欄に記載しました。

↓をクリックして、今すぐご確認ください!

=============================

 

近年は特にメンバー・レースレベルが上がっているため、○○勝クラスを
前走で使っていたような馬では、ますます苦しくなっている印象です。

 

【ポイント4】無理な穴狙いは禁物…

→3歳の早い段階からダート路線」に絞って大レースを取りに来る素質馬が増え、近年の2歳~3歳ダート戦線が活況を呈しています。

 

ユニコーンSは、そんな2歳~3歳ダート戦線の「中核」的位置づけの根幹レース。

 

中央在籍の素質馬はこのレースにこぞって出てきますから、近年は特にメンバーがかなり充実してきています。

 

しかも、基本的に芝と比べて荒れづらいのがダート戦。

 

かつ出走馬のレベルが高いのですから必然的にこのレースは「荒れる」可能性は低くなるというワケです。

 

ということで近年のユニコーンSでは
平穏決着が続いています。

毎年、馬券圏好走馬の3頭のうち「最低2頭は上位人気馬」という結果ばかりです。

近10年好走馬31頭の人気順を診てください。

★=4番人気以内の
上位人気馬です。

11年1着   ★
11年2着   ★
11年3着   ★
12年1着   ★
12年2着   ★
12年3着
13年1着   ★
13年2着   ★
13年3着同着
13年3着同着
14年1着   ★
14年2着   ★
14年3着
15年1着   ★
15年2着
15年3着   ★
16年1着   ★
16年2着   ★
16年3着   ★
17年1着   ★
17年2着
17年3着   ★
18年1着   ★
18年2着   ★
18年3着
19年1着   ★
19年2着   ★
19年3着
20年1着   ★
20年2着   ★
20年3着

上記31頭のうち22頭が、★印付きの4番人気以内の馬!

しかも近10年の「1着馬」は全て、★印付きの馬。

つまり、このレースで「穴」を狙うとしてもそもそも難しいコト、それでも穴を狙うなら頭ではなく2・3着の「ヒモ穴」を意識して狙うことがキモとなってくるレースなのです。

 

穴を狙えるレースは他に沢山あります。
同週のマーメイドSなどうってつけ(笑)。

 

しかしユニコーンSは「穴が来れば仕方なし」と割り切って臨むくらいで丁度いいと思います。

 

【ポイント5】牝馬苦戦

→近10年の当レースの
性別成績を診てください。

牝馬    複勝率14% 1.2.0.18
牡馬+せん 複勝率21% 9.8.11.107

「夏は牝馬」とよく言われますが、当レースはダートでかつ好メンバーも揃うまさに「地力戦」。ゆえに体力面で劣る牝馬ではそもそも苦しくなります。

 

ちなみに、馬券圏に好走した牝馬3頭の人気順は1・3・4。

地力で劣る「人気薄の牝馬」は穴を空けていない、とも言えます。

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です