マーキュリーカップの穴馬探し(推奨馬あり!)

『第25回 マーキュリーカップ』
交流G3 盛岡ダート2000m (20日火曜10R・16時50分発走)

★推奨馬/○○

 

=============================

推奨馬については
ブログランキングの「競馬の王様」
プロフィール欄に記載しました。

↓をクリックして、今すぐご確認ください!

=============================

 

 

盛岡での交流重賞は何レースかありますが共通する「特徴」があります。

 

それは…
最後の直線で差しが決まるシーンか非常に少ないコト。

 

盛岡のトラックの構造、砂質、レースの流れ等が要因でそのような現象が頻発しています。

 

ですから、盛岡の交流重賞=4角番手順と着順があまり変わりません。

下記を診てください。

16年 3・2・1
17年 5・3・1
18年 2・1・2
19年 3・3・2
20年 4・3・7

これは、近5年のマーキュリーカップの「1・2・3着馬」の4角通過順です。左から、その年の1着馬・2着馬・3着馬の4角通過順。

 

このように好走馬15頭のうちじつに12頭が、4角で「前から3番手以内」につけていた馬でした。前にいた馬同士での直線での「入替り」はあるものの、そのまま前にいた馬同士で雪崩れ込んでゴール。

 

それが盛岡交流重賞の「定番」であり、マーキュリーカップです。

 

ですから、結果を予想するよりも4角で前にいそうな馬を予想するほうが正解への
早道。そこで、今年の当レースは○○を推奨馬に指名します。

 

オープン昇級後も全く崩れていませんがそもそも条件時代からあえて強い相手を選んで使ってきたかのようなタフなローテーションを経てきた馬。

 

ゆえに、この馬の一連の履歴は2割増で見る必要があります。自分でレースを作って
自分で結果を出す…その中身も概ね強じんです。

 

今回はすでに適性を十二分に示してきた左回りと小回りですし、何よりも今回は交流のワリに前へ行きたい馬が少なめのメンバー構成。

 

これなら当馬が番手…
いや、ハナもあります。盛岡の交流重賞では大きな「利」となるハズ。当馬のことをよく知る主戦の大野ジョッキーも戻ってくれました。

 

そもそも、今回はヒロイックテイルの回避で順番が回ってきたレース。ツキもあります。ジュライS出走も視野に入れていたとのことて14日にCウッド、18日に坂路で追って態勢万全。

 

かなり人気でしょうがここは確実に勝ちきって賞金を加算して、秋冬のG1を見据えてほしいと思います。強い馬です。

●マーキュリーカップ 推奨馬●
○○ (4角先頭イメージ)

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です