テレ玉杯オーバルスプリントの穴馬探し(推奨馬あり)

★『第32回 テレ玉杯オーバルスプリント』
交流G3重賞 浦和1400m (23日木曜11R・16時25分発走)

★推奨馬/ラプタス
★推奨馬/○○

 

=============================

推奨穴馬については
ブログランキングの「競馬の王様」
プロフィール欄に記載しました。

↓をクリックして、今すぐご確認ください!

=============================

 

 

本命はラプタス。

推奨理由を記すのが意味なく思われるほど1400m戦で圧倒的に強い馬です。

 

前走の佐賀交流G3も主戦の幸ジョッキーが当日に乗れなくなるハプニングがありながら逃げて7馬身差の圧巻V。しかも58.5キロでした。今回は56キロ。ちなみに
その時に2着だったサクセスエナジーは前走も今回も59キロ…。

 

ルールとはいえ斤量も当馬に味方しています。

今回は幸ジョッキーに戻って最内枠。ハナは韋駄天アランバローズに譲ると思いますが早め先頭から押し切ってくれると診ます。

 

2・3着候補としてですが、もし「一発」があれば人気を落としている地元馬○○ではないでしょうか。

 

3歳暮れに浦和に転入。

以降南関東で18走して(12.3.1.2)という強靱な履歴の馬ですが、しかも2度の着外も交流G1のJBCレディスC、交流G2エンプレス杯での4着。ともに相手が強く距離も当馬には長かった中、それでも大健闘の4着に踏ん張ったものです。

 

今回は交流重賞とはいえG3。4着に敗れた前述の交流G1&G2の時ほどの相手レベルではありません。しかも舞台はホームの浦和1400m。

 

ですから、今回は単純に考えて3着以内に走れる可能性はけっこうあると思うのですが、人気順は間違いなく5~6番目に落ち着くでしょう。

 

ですので今回の出走馬の中で最も妙味があるのコレと強く感じます。

 

 

地元の雄・小久保厩舎にとって「大舞台」の浦和交流重賞ですから、当然仕上げに抜かりはありません。前々走の当舞台重賞で57キロV、前走は同じく56キロで惜しい2着から今回は52キロに一気に軽減。この馬を掴んで離さない本橋ジョッキー渾身の弾むような外差し込みに好配の夢を託します。

●テレ玉杯オーバルスプリント 推奨馬●
ラプタス    (強すぎる)
○○                     (妙味たっぷりヒモ候補)

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です