クイーンエリザベス2世カップの穴馬探し

『シャティン8R』 クイーンエリザベス2世カップ
国際G1 芝2000m (17時35分発走)

 

★推奨馬/エグザルタント
★推奨馬/キセキ

 

本来なら地元馬のフローレを本命にするつもりでしたが、回避。

 

その結果、地元3頭+日本馬4頭というおかしなメンバー比になりました。

フローレ回避なら正直、日本馬が上位独占しても不思議はありません。ただ、それでは美味しい馬券はたぶん獲れません。

 

何とか、少しでも馬券妙味を…と願って地元のエグザルタント、そして日本馬キセキの快走に期待します。日本プールの馬券では4番人気、5番人気あたりになるでしょうか。

 

エグザルタントは昨年の香港年度代表馬。「地元の英雄」です。当レースでも一昨年2着、昨年V。ただ前述のとおり昨年は地元馬のみでの施行でしたから、優勝はある意味必然の事でした。一昨年はレコード勝ちのウインプライトの僅差2着。リスグラシュ-ラには先着。

 

近5走は(0.4.1.0)ともどかしい印象ですがいずれも相手があまりに強すぎたり、60キロ増の斤量が不利だったりと「言い訳」がつくものが大半。力が衰えて…の負けでは無いと診ます。

 

日本の人気3頭に少しでもエラーが起きれば一気に連対以上もあるハズです。

 

日本馬から狙い撃つなら「日本馬の中では最低人気」のキセキ。

 

何しろ現地の調教映像を診て、いちばん活気を感じたのがこの馬です。おとなしく調整していた他の日本有力馬を尻目に、現地芝コースで迫力十分のまさに弾むような快走。

気性的に難しい馬ですから早めに輸送→滞在で出走の今回の形が、気性面でいい
意味でハマったかも…という気がしてなりません。

 

しかも、この馬の父はルーラ-シップです。9年前の当レース勝ち馬。

キセキは北海道の洋芝は未経験ですが、もしかすると(前述の調教の動き+血統から)洋芝に抜群の適性を秘めている馬なのかもしれません。

 

(香港は洋芝です)
展開を動かせる存在でも
あり、密かに期待します。

 

●日曜 クイーンエリザベス2世カップ 推奨馬●

★推奨馬/エグザルタント
★推奨馬/キセキ

 

競馬のスペシャルデータを無料プレゼント!

最初に述べたようにプレゼントの説明をしたいと思います。プレゼントの中身は「競馬スペシャルデータ」です。

 

↓は内容のほんの一部ですが…

  • 1流厩舎の「勝負騎手」と「捨てゲーム騎手」を大公開
  • 東京ダートは○○馬が共通して苦戦している
  • JRAの女性ジョッキーを徹底分析

などなどPDF10枚にびっしりと情報を書き込みました!

このデータを使えば、どのデータを意識して見れば良いかが分かり、的中率は勿論プロ並みの予想を立てられるようになるでしょう!

 

ただし、この情報普段は有料で流しています。
そのため条件付きでお渡ししたいのです。

 

それは、このブログの感想を書いてほしいという事です。そのまま感じた事で構いません。「#メモライズ重賞予想」というハッシュタグをつけて投稿してくれませんか?

・ブログ見ました!
・参考になりました!

こんなことでも構いません。

 

私自身このブログをもっと多くの人に見てもらいたいと思っています。そのため、あなたの力を貸してくれないでしょうか?

 

書いていただいた皆さんにすぐプレゼントいたします!

是非、忘れない今投稿してください♪

 

↓のボタンをクリックしてブログの感想お願いします!

 

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です