エーデルワイス賞の穴馬探し(推奨馬あり)

★『第24回 エーデルワイス賞』
交流G3重賞 門別1200m (14日木曜11R・20時発走)

 

★推奨馬/○○

 

=============================

推奨穴馬については
ブログランキングの「競馬の王様」
プロフィール欄に記載しました。

↓をクリックして、今すぐご確認ください!

=============================

 

 

 

JRA交流重賞ですが近5年の好走馬15頭中、じつに12頭が地元の道営馬。

 

考えてみればJRA馬は、デビュー間もない繊細な2歳牝馬にもかかわらず長距離輸送で遠路はるばる門別まで連れてこられたうえでレースに臨むのです。最初から「ハンデ」を背負っているとも言えるのでしょう。

 

 

もちろん道営馬=「完成度の早さ」を活かせることも、道営馬好調の要因の1つです。

 

 

しかし、JRA馬の馬券は売れますから道営馬狙いが妙味。

 

 

そこで今回も道営馬から狙います。
○○を単独推奨です。

 

 

何といっても注目は3走前の未勝利戦。直線で追い出されるとアッという間に後続を
突き放して2着馬に3馬身差、3着馬には7馬身の大差をつけて勝ちましたが、この時の2着馬がナッジ。先日の重賞サンライズカップを快勝した強い馬です。

 

そんな強豪に、結構な差をつけての勝利。この馬もまた、強いというコトになります。

 

ならば、なぜ前々走のターフチャレンジで2着に負けたのか?と言われそうですが、コレは相手が悪すぎました。勝ち馬はコパノミッキー。このターフチャレンジを1着後、早々に大井へ転出して9月20日の重賞ゴールドジュニアに出走。2着に走った馬です。

 

そんな馬を相手にして、こちらは出遅れ→3角で前と絶望的な差ながら懸命に追い上げて2着に詰めました。コレは強い。よって、私の中でこのレースは実質1着です。

 

というワケで、○○の近3走は、実質的には「3連勝中」というのが私の評価。しかも、強い馬を相手にしながらです。

 

 

今回は、メンバー的にかなり他の馬へ「票」が流れます。馬券的に大チャンスの一戦到来で、逃すワケにはいきません。地の利も活かしての快走に期待しています。

●エーデルワイス賞 推奨馬●
○○ (強い道営馬狙い)

↓推奨馬はこちらのメルマガで紹介しています↓ 次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です